“Layout”キーワードによってiOS版アプリがRejectされる件につきまして

abstract, background, hexagons, design, pattern, technology, tech, hi tech, sci fi, digital, innovation, innovative, concept, computer, computing, science, scientific, structure, networking, connection, data, banwidth, loading, shape, gradient, green, vector, illustration, power, arrow, medical, health care,

 最近、Appleへサブミットしたアプリが、”layout”というprivate APIを使っているという理由でリジェクトされる件が、報告されていました。Titaniumで作られたアプリケーションでは、private APIを使用してないため、Appleのアプリケーション検査ツールのバグではないかと思われます。

 Appleの検査ロジックの欠陥を回避するために、Titanium内部で”layout”キーワードを避けて実装するように変更しました。現在この変更が正しく動作するか確認中です。この確認中のバージョンをお試しになりたい場合には、下記の手順でテスト版である1.7.xをインストールすることができます。

 この問題は、Appleの検査ツールの問題ですが、皆様がアプリをスムーズにサブミット出来ることが、私たちの願いです。もしこの事象について、ご質問やご意見がある方は、増井 (yuichiro at appcelerator dot com)までご連絡ください。よろこんでお手伝いさせていただきます。

最新版の1.7.xビルドををダウンロードする

link